アメリカのネット証券会社 “Firstrade”に口座を開設してみました

未分類

みなさんこんにちは。実験が忙しくてなかなか更新後ができない日が続いていました。最近iphoneから記事が投稿できるのを知り、隙間時間に記事を書いて投稿していければと思います。

突然ですが最近アメリカのネット証券会社のFirstrade (https://www.firstrade.com)に口座を開設してみました。

アメリカに留学をしていて、証券口座を使ってみたいという方には何かしら参考になることがあるかと思います。

この会社は中国系の会社のようで英語か中国語か選べます。

ではなぜ口座を開設したかというと、コロナで支度待機となっている日々にYoutubeの動画で投資信託について知ったからです。

投資信託は金融商品の一種で、初心者でもお手軽にできるものとして書籍などでも紹介されることが多いです。

アメリカ留学に出る前に三井住友銀行銀行で非課税でできる積み立て投資のNISAについて紹介されましたが、日本出国前で知識もなかったのでそのままにしていました。

かつてはゆうちょ銀行の定期預金積み立ててで8%という高金利の時代もあったそうですが、現代日本では経済大国から失墜し雇用賃金は上がらず社会保険料何あがり続けるという状況です。

資産を少しでも増やしていくためには労働や節約だけでは限界があり投資を考える必要があります。

私は社会に出てブラック企業とも呼べる病院で長年働き生活について考える時間がありませんでしたが、幸か不幸かコロナの影響でいろいろ考えることができました。

さて、証券口座を開こうと思っても日本の証券口座は日本居住者しか口座を開設できません。

ネットで調べてみるといくつか日本の居住者でも開設できる海外の証券口座を知り、試しで手数料が格安というふれ込みのFitstradeを使ってみることにしました。

口座はインターナショナルアカウント、アメリカ居住者用の口座など選べますが現在アメリカに居住しているのでアメリカ居住者用の口座を開設しました。アメリカでは皆確定申告をするので、インターナショナルアカウントの方が面倒かと思ったのもあります。

アメリカの電話番号、ソーシャルセキュリティナンバー(SSN)の入力、アメリカの銀行口座についての情報が求められました。

電話は本人認証のために使用されます。SSNは税金の処理に必要だと思われます。SSNは番号を入力するだけでした。アメリカの銀行口座はFirstradeに入金するのに必要です。

サイトで住所などもろもら入れ、10分程度で申し込みは終了しました。後日口座開設のお知らせなど届きました。

入金はACHという方式で行います、入金に2日程度要します。またFirstradeに入金されてもすぐに金融商品が購入できません。入金したお金が有効になりbilling powerに反映されるのにまた数日かかります。結局登録から商品購入までは1週間弱かかりましたが無事に購入が可能となりました。

アメリカ留学が終わり日本に帰る人は、帰るときはどうするのかという疑問があると思います。インターナショナルアカウントへの切り替えについては、移動の時にFirstradeに連絡し、フォームを記入して提出すれば口座の内容をインターナショナルアカウントに移せるようです。

口座の使い勝手などはまた後日報告したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました