JALマイルで勤務医の海外留学の国際便代はタダになる

アメリカ留学

飛行機代はマイル(私の場合はJAL)で移動するのがお得だったので、知識を共有したいと思います。

結論からいうと、独り身で勤務医が年1回飛行機に乗るならspg amexカードがお得で使った方がいいと思います。

デメリットは、コロナのせいで帰国後に飛行機のマイルが使いづらいので、留学が終わったらマイルを持て余すことです。

帰国後は飛行機にいつ乗れるかどうか分からないので、実は解約しようか迷い中。あくまで国際便に乗る予定の人、特にJALでしか直行便がない、という人に限定でおすすめです。

JALマイルを貯める理由

留学が決まるまで、年に1,2回は出張や旅行で海外に行くことがあったのですが、以前はマイルのことは気にしてませんでした。

海外留学が決まってから、飛行機代を安く済ます方法を調べました。

飛行機はJALが直行便が出ていて、ANAはなかったので、貯めるのはJALマイルにしました。

ネットで調べると、JALマイルはANAのようなソラチカルートがなく、貯めづらいということが分かりました。

JALカードは普通カードでも、Club-Aゴールドでも買い物の還元率は0.5%でこれは貯める気がしません。

基本的にポイントカードは、企業が消費者の囲い込みをするための戦略で企業にとってメリットがあります。

ポイント分を本当は安くできるのに、ポイントを発行することでポイント失効が起きたり、制度を自由に変えたりしてポイントの価値を減らしたりできてしまいます。

消費者にとっては、ポイントを利用しないと、使用する場合に比べて割高で買い物をすることになってしまい、使わざるを得ないということになります。

ポイントの管理の手間暇を考えると、1%が個人的には閾値だと考えています。1%より還元率が低いものを捨て去ることで、貯めるポイントを厳選できるからです。

1%以上の還元率を誇るJAL陸マイラーのクレカとして、spg amexがあります。還元率はポイントをまとめて還元することで、1.25%の還元率となり、さらに特典航空券を使うことで、1マイルの価値が2円以上の還元率になるので、使わない手はないということです。

spg amexのお得さについて

spg amexについては、他者に紹介して入会させると紹介者にポイントが入る制度があり、ネットで出ているブログ記事にはバイアスがかかっている記事が多いと推測され、注意が必要です(利益相反)。

留学前にspg amexに入会して、キャッシュレスて生活費の支払いをこれ一本にすることで、年間にエコノミークラスなら国際便に片道2回乗れることになります。

1円で3ポイントのマリオットポイントが貯まりますので、月20万円の生活費で6000ポイント前後貯めることができ、年間マリオットポイントが120000ポイントとなります。

60000のマリオットポイントがJALマイル25000マイルとなり、年間50000マイル貯まります。

50000マイルであれば、日程をうまく選べばエコノミークラスで北米まで1往復できます。

クレジットカードの支払い代金合計ががハードルとなりますが、学会費、学会参加費、医学書や雑誌、統計ソフト購読料など我々勤務医の支払いは意外と高く、支払いを一本にすれば、生活費と合わせて月20万はだいたい超えるのではないかと思います。

もし家族で使用する場合は、通常の人は数年間の準備期間が必要かと思います。

日本では航空券の片道はなぜか往復より高いという罠があり、往復を買って帰りをキャンセルするより、マイルで片道を買うのが圧倒的に安いです。

spg amexの年会費は31000円で消費税込みで34100円です(高っか!)。しかし、直行便が20万円として、年会費を引けば15万円以上得をすることになります。

spg amexでホテルに一泊無料とかゴールドエリートとか特典があるみたいですが、正直どうでもいい。JAL国際便に乗るなら、黙ってspg amexでいいと思います。

米国留学中の支払いもspg amex

米国に着いたら、アメリカのクレカを作る人が多いと思います。最初は米国でのクレジットヒストリーがないので、口座を作った銀行のクレカとかです。

米国で給料をもらう場合は、手数料がかからない現地の口座から現地のクレカ使用がいいかと思います。

私は、給料を日本でもらっていたので、格安の手数料のwiseで送ってました。

額が50万円以上の大きい場合は楽天銀行のwire transferの方が安いこともあるようです。

アメリカの銀行ではデビットカードをつけられましたので、日本のクレカで支払えないときはデビットで、その他の時はクレカで支払いました。

クレカでは為替手数料が2%以上かかるのですが、spg amexで年間240万円使用で15万円得と考えると、6.25%の還元率となり、仮に為替手数料2.2%でも4%得してることになります。

まとめ

勤務医で飛行機に年間1回以上乗るなら、spg amexでJALマイル貯めて特典航空券で移動するのがよし。ただ、飛行機に乗る機会がなくなると一気にメリットがなくなる、と言うお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました